田舎暮らし日記(主に薪+畑+妻の奇行)

アクセスカウンタ

zoom RSS 愕然! 爺襲来!!

<<   作成日時 : 2006/07/26 01:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像


今日は快晴。とても天気がいいので、一気に子供達の部屋のドアを作っちゃいましょう、と張り切っていたところ、なにやら見慣れて軽トラックが。
後ろに「パトロール中」なんていう黄色い張り紙がされている軽トラック。あれはまさしく、ナガ爺の軽トラックじゃありませんか。

ナガ爺とは。
このあたり一帯を仕切るボスのこと。熊本弁がひどくて、あっしは彼が言っていることの半分もわからないという。ボスだから、横柄なのだ。しかーし、なぜか、あっし達をかわいがってくれるという。村総出の草刈りには参加すると、あれもこれもやらされるから参加しなくて言いようにしておいてやるとか、シイタケの木が欲しいというと持ってきてくれるというし、何かと世話を焼いてくれるんす。ただ、一度来ると、こちらの都合、おかまいなしに一時間ぐらいしゃべられるので、かなり迷惑だぞ。かといって、ボスなので追い返すわけにもいかず。んー。まぁ、東京の近所づきあいとか、仕事上の付き合いとかに比べればかわいいもんす。w

ナガ爺。軽トラックから降りて一言。
「薪、いるやろ。着いてこい」
「え? そりゃいりますけど、今、子供の部屋のドアを・・・」

人の話しなど聞かずに、とっとと軽トラックに乗って走っていってしまいました。
「ひぃー、人の話しを聞いてくれぃ」
と心で叫ぶも、意味はなし。あっしも軽トラック(ナガ爺が、タダでくれた4WDの軽トラック。でかいナガ爺号というステッカーが張ってあるw)に乗車。追跡すること5分。伐採現場に。
すると、節だらけの倒木がちらほら。見ると、全部ヒノキ。
「これっすか?」
「そうだ。●×△□、÷×+◎〜〜」
最初の一言だけわかったけど、あとは聞き取れなかった。(^_^;
あまり聞き返すと不機嫌になるので、適当に相づちを打つ。で、人夫のおぢさんが近寄ってきて、あっしの軽トラックを誘導。短く切ってある木をユンボで積み始めました。
おぉ。この短い奴だけならもらってもいっか、なーんて思いました。っていうか、今の時期に伐採した木は薪には向かんのだよ。夏の木は、水をたっぷりと吸っているから、乾燥させるのに一年もかかっちゃう。やっぱ、冬に倒した木じゃないとね。しかも、ヒノキや杉なら、山に入れば、捨て間伐(間伐材も、売ることはできるのだが、大した金額にはならないのだ。なので、出すのが大変なところは、ただ倒して放置してある。そういうのを捨て間伐とか言ってます)が山ほどある。もち、乾燥してるし、節もないしね。つまり、杉やヒノキはわざわざもらう必要はないのね。ましてや、今の時期の生木なんてもってのほか。
なーんてことを説明しても、ナガ爺には分からないようで。
ま、細かく玉切りしたやつだけなら、もらっておいてあげよう、ぐらいな気持ちだったあっし。
お礼を言って、一応、みなさんにお茶などを買ってきて労をねぎらい、ナガ爺の顔をたてて終わった。
と、思いきや、一時間後に、節だらけの丸太を積んだトラックが我が家へ。(・_・)
愕然としていると、ごろごろっと我が家へ置いて去っていった。さらに、三十分後、またしてもトラックがやってきて丸太を放置。それが上の写真っす。
まさに、目が点。
節があるところは、なかなか割れなくてとってもやっかい。しかも、玉切りもされていないただの丸太じゃん。夏に伐採したから重いしさー。うーん。
ナガ爺は、おそらくよかれと思ってくれたのでしょうが、う、うーん。
ま、これもおつきあいっす。ってなわけで、夜、嫁さんと二人でお礼に行ってきました。
明日は、どうしよう。たけ47さんがニンジンとゴボウを植えたらしいので、あっしも挑戦しようと思ってたんだが、明日は、ひたすら玉切りか。



天気は最後に。
快晴 そして時々パラリと雨 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
読んでて田舎思い出して笑っちゃいました。
そうなんです。田舎の長とはそんなもんです。
よかれと思ってやる事には人の話を聞く耳は
持ちません。
お年寄りの方言はきっついから
聞き取るところから苦労が始まってる
のがよくわかります。
おいらは親が共働きで
爺さん婆さんに育てられたような
もんなんで方言が強烈です。
爺さんほどのハイレベル方言を
しゃべります。
同年代の友達にはたまに「何言ってんのかわかんね」
って言われてました。
本人は判りやすくしゃべってるつもりでも
通じてない事の方が多いですからね。
東京に出てきてまず最初に言葉が通じなくて
よくイライラしてましたね。
それにしても言っても丸太すげー量ですね。
のんばりー
2006/07/27 14:29
本物の田舎ですね。いいですヨ。
凄い量のヒノキですね。
今回の大雨で倒れた木ではないのでしょうか?
運搬費・加工費がでずに、売れないとはもったいないですね。
植林した当初には、想像してなかったのでしょうね。
ニンジンとゴボウの種蒔は、8月入ってからでも大丈夫ですヨ。
たけ47
2006/07/27 19:27
のんばりーさん
確かにねー、良かれと思ってやってくれていることだとは思うのですが、あんまりにも突然につれて行かれるので、こちらの都合がぁ、みたいな。w
でも、ほんと、よくしてもらってます。ありがとう>ナガ爺

丸太は、ちょっと声をかけると、ごろごろ集まってきちゃいます。先月も50本ほどいただきました。んー・・・
youyou
2006/07/27 23:08
たけ47さん
この木は、倒れたんじゃなくて、宅地開発で伐採された木っす。売ってもお金にならないやつですね、これは。まぁ、多少の金額はつくでしょうが、節が多すぎるのと、まっすぐじゃない、先の方が細くなりすぎているってなわけで、大した金額にならないやつっす。こういうのは、引き取り手がいないので、あっしのような薪ストーブ利用者へもらわれていくわけっすね。
こっちにきて、ヒノキとかのイメージがずいぶんと変わりました。
もっと高価なものだと思ってましたし、節があろうがなかろうが、腐ってもヒノキだろうとも思ってました。でも、材木を扱う市場の人の話しを菊となるほどな、なんて思うこともしばしばでした。

ニンジンとゴボウ、今朝の涼しいうちにポットに植えてみました。
あんがとさんです。
youyou
2006/07/27 23:12
ちょっと気になったので、再度の書き込みです。
人参とゴボウ、ポットに植えたのでしょうか?
どちらも、根が真っ直ぐ長く下に伸びるので、移植はできませんよ。
畑の畝に直蒔きでしたら良いのですが・・・
たけ47
2006/07/28 22:43
すみません、見落としておりました。
妻がウネに種をまいたようです。ご指摘、ありがとうございます。
youyou
2006/07/30 21:32
かなり 笑えました。
引き続き、ナガ爺さまとの ふれあいを楽しみにしてマス!?
薪おじさん
2006/07/30 22:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
愕然! 爺襲来!! 田舎暮らし日記(主に薪+畑+妻の奇行)/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる